December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新年度を迎えたばかりですし、ご自身の声について考えてみませんか【制作部】


お早う御座います。制作部です。

さて、早速ですが、ご自身の声、どんな声かご存知ですか?


いきなりで恐縮ですが、今日はこんな話です。

例えばですが、出かける時に、
どんな洋服を着ようかなとか
メイクをどうしようかなとか、悩まれる方は多いと思います。


やはり、自分の見た目って気になりますよね。
より綺麗に見せたいという想いは誰だってあると思います。

でも、だからこそ、思うのです。
洋服やメイクをどうしようかななんて感じで
自分の声も着飾ってみるというのは、如何でしょうか。

声を着飾るってどうするの?
なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。


その疑問、素敵です。
では、どうやったら、着飾れるのか
自分の声を色々と試してみよう、と思って
実際に行動頂くだけで
着飾った声に一歩近づけますから。

ということで、週の始まり月曜日。
新年度を迎えたばかりでもありますし
自分の声を着飾って過ごす、そんなスタートの一日にしませんか?

 

奥様、今日は、「シワの日」なんザマスよ!!【制作部】


お早う御座います。制作部です。

本日4月8日はズバリ「シワの日」だそうです。


日曜の朝にそんな話題をするな
なんてお怒りの方もいらっしゃるかもしれません。
大丈夫です。
そんなシワ対策の運動を今日はお届けします。


まあ、なんて改まって書いておりますが
その運動は、このブログでも何度もお送りしております。
勘のいいEOEファンの方は既にお気づきでしょう。

そうです。
「ウイウイ体操」です!!


こちらは単純な体操です。
ただただ、「ウ」「イ」「ウ」「イ」と交互に言っていくだけです。

ポイントは、頬の一番高いところに
指を置いて行うことです。
「イ」という時に
指を置いた頬の一番高いところが
上に持ち上がるように言って下さい。


最初は結構辛いかもしれません。
頬が上に上がらないかもしれません。

そんな方は、表情筋が衰え
顔のたるみやほうれい線が深くなっていたりするかも…。

ということで、簡単な体操なので、是非お試し下さい。
それでは、今日も素敵な一日になりますように!!


 

更なる進化を見据えて【制作部】

お早う御座います。制作部です。

桐生祥秀が始球式 背番号「9・98」勧められるも拒否「去年の記録」
出展:スポニチアネックス

今日はこんなニュースをお届けします。

桐生が始球式を行ったそうなんですが
約110キロの剛速球だったとか。
さすがアスリートですね。


ちなみに、背番号「9・98」を辞退した理由は
「去年の記録だから」とか。
更なる進化をしっかりとみすえていらっしゃるんでしょうね。

そう言えば、先週、平昌オリンピックで
金メダルを取った方を間近で拝見する機会がありましたが
アスリートの身体つきに驚きました。


ともかく、劇団EOEのEOEは
「epoch of evolution」の略です。

進化の時代

そんな言葉の略です。


さあ、私たちも更なる進化を目指して
今日もしっかりと身体を作り
準備に勤しみたいと思います。

ニュースに日ごろから触れることは大切だと思うのです【制作部】

お早う御座います。制作部です。

高橋のブログっぽく今日は何の日
という話題から入りますが
今日は「新聞をヨム日」だそうです。


新聞がいいかともかく
劇団EOEでは、ニュースに触れることを
役者部の人間たちには推奨しています。

それは、今、自分が生きている世界に
どんな出来事が起きているか
役者として、知っておくべき、だと思っているからです。

また、今、自分が生きている世界に起きている出来事を
モチーフに作られる作品も多々あります。


そんな作品に出演するのであれば
その出来事を知っておいた方がいいと思います。
ただ、出演することが決まってから調べるより
既に知っているという状態であるのが望ましいのは当然です。

だからこそ、役者はニュースに触れておくべきだと思うのです。


このところは「報道」について改めて考える機会も多々あると思います。

一つの「報道」に対して、それを信じるのか、否か。
一つの「報道」に対して、イエスと思うのか、ノート思うのか。

そんな思考も日ごろから行っていた方がいいとも思うのです。

ということで、今朝も電車タイムに色々と記事に目を通そうと思います。
それでは、お気をつけていってらっしゃいませ!!

姿勢は、見た目にも、声にも影響を与えます【制作部】

お早う御座います。制作部です。
今日は昨日より10度近く気温が下がるとか。
体調管理を留意したい一日にしたいですね。
お気を付け下さいませ。

さて、今日は姿勢について書いてみたいと思います。

例えば、肩が痛い、腰が痛いといっても、
その傷んでいる箇所ではなく
他の箇所にエラーがあるために痛みが発生することは
往々にしております。


それと一緒で、声だって、喉のエラーではなく
姿勢のエラーで問題が起きることも往々にしております。

例えば、思い切り猫背にして
「あー」としばらく声を出してみて下さい。

今度は、オードリーの春日さんみたいに
思い切り胸を反って
「あー」としばらく声を出してみて下さい。


こうすると、これだけで自分の声が変わることが分かるかと思います。

そう考えれば、姿勢一つとっても
気をつけなければならないのは明確です。

最近、「ストレートネック」という言葉も
よくきかれるようになりましたが
猫背になって、首が斜めになり
顔を前に突き出している方をよく見かけます。


でも、この姿勢、声を出すにはあまりよろしくなく、
それに、役者ですから、見栄えも大切です。
そんなところにも気を使うべきなんです。

でも、綺麗な姿勢が綺麗な声に繋がるというのは面白いことだと思います。

見た目を拘ると、声も変化する。


身体はいろんなところで繋がっているんだと実感します。
だから、何時だって注意しなければならないと思いますし
そもそも、こういう注意は稽古場じゃなくても出来ますからね。


どれだけ日ごろから意識できるか。
そんな覚悟が姿勢にも現れそうです。

 

一つ一つ課題をクリアします【制作部】


お早う御座います。制作部です。

お陰さまで、2018年度の劇団員募集を行わせて頂いております。
今年もそんな時期なんだなと思います。

募集の方は、まだまだ受け付けておりますので、
ご希望の方は是非ご応募下さいませ。


また、入団希望者を対象とした
無料体験レッスンも随時開催中です。
ご希望の方は、下記よりお申込み下さいませ。


それで今日は、その体験稽古の中で
よく頂く質問の一つを取り上げてみたいと思います。
この質問に関してはツイッターなどでも
よく取り上げられているので
EOEファンには愚問かもしれませんが
それではいきます。

その質問とは。。。

「どうして、腹式呼吸をしなければならないの?」

というものです。

今、このブログを御覧の役者志望の方
こうやって、改めて「どうして、腹式呼吸をしなければならないの?」
と聞かれますと、何と答えますか?


ちなみに、劇団EOEでは、この質問以前に

「そもそも、腹式呼吸って、どんな呼吸なんでしょう?」

なんて質問も出たりします。
腹式呼吸についてちゃんと説明して下さい
と言われたら、何と答えましょう?


「お腹に空気をためる呼吸」なんて言っても
お腹に吸気は入っていきません。

「お腹に力を入れる」なんて言っても
そもそも、お腹ってどこでしょう?
「お腹に力を入れる」って
どこの筋肉に力を入れればいいんでしょう?
それに、お腹に力を入れることは正しいのでしょうか?


こうやって、考えていくと
「腹式呼吸」ってよく使う言葉ですが、
案外、その言葉の意味を
よく知らずに使っていたことが分かります。


「どうして、腹式呼吸をしなければならないの?」

という問いへの答えの前に、

「そもそも、腹式呼吸ってどんな呼吸なの?」

そんな問いへの答えを考えることから
劇団EOEのブレス&ヴォイストレーニングは始まったりします。

春を待ちわびて、心ドキドキ!【制作部】

お早う御座います。制作部です。
春眠、暁を覚えず、と言いますが、もっと寝ていたい朝です。


日本一早い入学式 被災地を笑顔で照らす 大船渡・綾里小
出展:河北新報

昨晩目に留まった記事です。
今年もそんな時期なんですね。
と、同時に、震災直後に生まれた子どもたちが
小学校に入学するくらいの時間が経ったんだと思いました。


劇団EOEも立ち上げて、幾多の日々が過ぎました。
楽しかったことも、辛かったことも多々ありました。

でも、その全てが素敵な思い出です。

今日も稽古はあります。
あの震災の時には、日々稽古をつめるということが
本当はどれだけ貴重なことなのか
身につまされました。


だからこそ、今日も感謝を胸に
稽古にまい進するのみです。

東京の桜は桜吹雪となっておりますが
劇団EOEは、未だ春を迎えていません。
ですので、何時春を迎えてもいいように
準備するのみです。

今日も素敵な一日になりますように。

「型」、今日はそんなお話です【制作部】

お早う御座います。制作部です。
 

 

「型」


いきなりの一文字ですが
劇団EOEブログでも御馴染み。
「型」というお話を本日はお届けしたいと思います。


役者って、舞台上で好き勝手にやっているイメージがあるかもしれません。

でも、それは全く違うんです。
演技をするにも、「型」というものがあります。

そして、その「型」というのは
長年に渡り、先人達が守り通してきたものだったりします。

この国固有の考え方だったり
身体の使い方だったり。

せっかく、この国で生まれ、この国で育ち
この国で役者を志すのであれば、
そういった「型」について
もっともっと学ばなければと思うのです。


例えばですが
故・中村勘三郎さんの言葉をお借りすると、
 

型のきちんとある人が
型破りなことをすることを
「型破り」といい、

もともと型の無い人が
型破りなことをすることを
「型無し」という。

 
私達だって、いつか「型破り」が
出来るようになりたいと思っています。


だからこそ、「型」をしっかりと身につけなけるため
今日もみっちり稽古を積みます。

劇団EOEでは劇団員を募集しております。


「型」を体得し、真の「個性」を発揮したい
という志を強くお持ちの方に
是非入団して頂きたいと思っています。

ご興味御座います方は
まずは参加費無料の体験稽古にお越し下さいませ。
アナタからのご応募、お待ちしております。

今年も新年度を迎えました【制作部】

お早う御座います。制作部ですね。

本日より新年度の始まりですが
今日は日曜ですし
そもそも桜は散り始めていますし
何だか、そんな感覚がない朝です。


劇団EOE、今年も新年度を迎えました。
否、迎えられました、なのかもしれません。

ともかく、日ごろご声援頂いている方々に感謝です。


さて、桜が散り始めているなんて書きましたが
今日はこれからお花見という方も多いのでしょうね。
気を付けていってらっしゃいませ!!

それでは、新年度一日目。
今日も素敵な一日になりますように。

 

自分で作ったチャーハンの方が美味しかったとしたら【制作部】

お早う御座います。制作部です。
東京は、今日明日、お花見日和ですね。


さて、入団のお問い合わせが多い時期となっております。
お問い合わせ頂きました方、有難う御座います。

ということで、
今日はお問い合わせのやり取りをしている中で
ふと思ったことをこちらで御紹介致します。

それは、何故、稽古をみっちり積むか、ということです。

今までも色々と書いてきましたが
改めて書いてみたいと思います。


役者というのは、演技を行う対価としてギャラを頂きます。

では、自分の演技能力が対価を頂くのに適当なレベルなのか。

例えば、お腹がすいたので、お店に入ったとします。
それで、チャーハンを頼んで
そのチャーハンが出てきて
そのチャーハンを一口頬ばったら
美味しくなかったとします。
寧ろ、家で自分で作った方が美味しかったとします。


アナタは、そんなお店にお金を払いたいですか?
そんなチャーハンにお金を払いたいですか?


多分、払いたくないと思います。
だから、お店の方は、そのような事態にならないよう
コックとして、それまでにそれなりの修業を積んでいると思います。

それと一緒で、役者もスキル向上を
行っておかなければならないと思います。
今の自分で問題なければ
役者として既に成功していると思います。

そうではないのであれば、
まずはスキルを身につけるべきだと思うのです。

まだまだ出来ていないからこそ
私たちは日々稽古を積んでいます。


ということで、そんな考え方に共感頂ける方
劇団EOEでは、参加費無料の体験稽古を行っております。
下記より是非お申し込み下さいませ。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop