October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「第2章」の申し子達よ、闘う姿勢を見せつけよ!!【週刊EOE】

本日も「週刊EOE」をお届けしたい。ついに、次回公演の第一報が発表されたが、今回は4回目の「ファン感謝デー」となった。

「ファン感謝デー」と言えば、「入場料無料・完全招待制」というのがお約束であるが、このタイミングでの「ファン感謝デー」の開催。当編集部では、先週末の稽古後、大将に今回の「ファン感謝デー」の意図を直接取材してみた。

そこでは、10分ほど取材できたのだが、その際に大将の口から飛び出してきた言葉をここに掲載してみたい。



綺麗ごとかもしれないけど、今年はEOEファンにご心配をおかけしたことは確かじゃない。これまで6年で23作品やってきて、それが、今年はぴたっと公演がなくてさ。まあ、これが普通の劇団の公演ペースじゃねえかと思う節はありますけどね(笑)でも、これから劇団EOEはどうなるだって心配された方も多いだろうし。だから、そこはご心配おかけしましたって部分でね。今回の「ファン感謝デー」はそんな位置付けだよね。まあ、相変わらず、バカやっていますよってのを見せ付けたいっていうのはありますよ。

―――劇団EOEの姿勢を見せ付けてやると。

うん。そこはブレないですよ、ウチは。ブレる必要が無いですから。結局は、今年だって何時も通り稽古をみっちり積んできたわけだしね。正直、ハワイでオーバーホールしたいなって何度も思いましたけどね(笑)

―――「キャンプ」を兼ねてですか(笑)

ハワイに言っちゃえば、そうなっちゃいますけどね(笑)だから、見せ付けるしかないですよ。まあ、お前等みたいな弱小劇団が何ほざいているんだって言われるかもしれませんけど、そこは思い切り大声でほざいてやりますよ(笑)こんなもの、言ったもん勝ちなんですから。

―――大将、それだけの稽古は積んできた自負があるわけですよね。

GK、それはお前だって取材して見て来ただろう(笑)

―――はい。今年も「何時も通り」という感じでしたね。

上手いか下手かなんていうのはともかく、日ごろから稽古を積んでいるかどうかなんて一発でばれますよ。これは思い切り釘刺してやりますよ。一回くらいは誤魔化せれるかもしれませんよ。でも、そんなものすぐに化けの皮、剥がれますよ。間違いなくばれますよ。まあ、ただ、今のウチっていうのは、そんな偉そうなことを言っても、キャリアなんて誰もないんですから、だから、スキルなんて全く無く、思い切り「ノーガードの打ち合い」を見せ付けますよ。

―――「ノーガードの打ち合い」ですか?

うん。そこはウチらしくね。闘う姿勢だけは植えつけていますからね。だから、EOEファンに格好つけて言わせて貰うんだったら、「もう少しだけ、騙されたと思って付いてきてください、絶対、嘘つかないから!」って言葉だね(笑)


稽古後というのも有り、汗だくの中のインタビューとなったが、その時の熱気は言葉の端々からも感じられるのではないか。ともかく、「第2章」を迎える劇団EOEであるが、その姿勢はいささかも揺らぐものがない。否、「絶対エース」がいなくなったからこそ、更に揺らぐわけにはいかないといったところだろうか。

そう言えば、以前の取材で大将からこんな言葉があった。

「絶対エース」の穴は埋められないですよ。そんな簡単なものじゃないですよ。こちらも、それは最初から分かっているし、そもそも、埋める気はないですし。そこを踏まえて、じゃあ、どうするかですよ。

穴は埋められない。だったら、穴があることを承知で何を見せ付けるか。それが、今の劇団EOEの姿勢であろう。実際、既に劇団内では、「ファン感謝デー」以降の話も動き始めている。2016年に向けて、どんな「第2章」のスタートを見せ付けるのか。年末に向けて、劇団EOEから目を離せなくなってきた。
(文責・GK編集長)
pagetop