August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

障害を越えようとする。それがドラマの原型です【制作部】

お早う御座います。制作部です。


早速ですが、本日は「タイタニック号の日」だそうです。

1912年の今日
初航海中のイギリスの大型客船タイタニック号が
北大西洋ニューファントランド沖で氷山に激突し
翌日未明に沈没した、とのこと。

悲惨な事故ですが、近年には映画にもなりましたね。
実は映画『タイタニック』は
劇団EOEの稽古場で、台本解釈のレッスンで
よく出てくる作品だったりします。


「リベラルアーツ」を重視する劇団EOEでは
座学の機会も多いです。
その座学のメニューの一つで
台本解析を行ったりするのです。


その内容は、今日は省きますが
『タイタニック』は何度も困難を乗り越えていく作品ですよね。

こうすれば障害を克服できると思い、行動するも
それにより新たな障害が発生する

そんな作品です。
そもそも、障害を克服しようと行動するというのが「ドラマ」の型ですから。

私たちはそんな「ドラマ」を作っています。
だからこそ、日ごろから障害を克服しようと行動しています。


乗り越えられない障害はない。

そう思って、行動しています。
何時だって最大の障害と格闘しているような気もします。
でも、「ドラマ」を作っているのですから
それも仕方がないような気もします。

さあ、今日も行動あるのみです。

pagetop