September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

自分の声について改めて振り返って考えてみると【制作部】

お早う御座います。制作部です。

今週のブログでは
再掲載シリーズとして
劇団員募集に関連する投稿を連日お届けしました。

今、劇団を捜しているとか
役者になりたいと思っている方
是非、劇団EOEの体験稽古にお越し下さいませ。


さて、ここから今日も本題に入ります。

自分の声で、得する人?損する人?

いきなり某テレビ番組のようなノリで
誠に恐縮ですが
あなたは、自分の声で
得する人ですか?
それとも、損する人ですか?


「人は見た目が9割」なんて話もありますが
「声フェチ」という方も多いはずです。


ということは、自分の声によって
相手に与える印象は変わるはずなんです。

ではでは。
あなたの声は
相手に「素敵」と思わせる声なのでしょうか。
あるいは、相手に「何となくキモい」と
思わせる声なのでしょうか。


意識して、ご自身の声を作っている方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、その声、あなたの願うような印象を
相手にちゃんと与えていますか。


そんな言葉を聞いて
どきっとした方も案外いらっしゃるかもしれませんね。

ちなみになんですが
劇団EOEのレッスンでは
「声の3要素」という話を致します。


声を構成する要素として
「声の大きさ」
「声の高さ」
「話すスピード」
の3つに分類します。

そんな視点から考えてみますと。。。

あなたの声の大きさは
相手にとって快適なものですか?

あなたの声の高さは
相手にとって快適なものですか?

あなたの話すスピードは
相手にとって快適なものですか?

そんなことを改めて考えながら
話をしてみると
あなたの声は「モテ声」に
一気に変身するかもしれませんよ。


ともかく土曜日の朝。
今日は出会いの春に向けて
「モテ声」を身につける一日にしませんか?

pagetop