October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「その時」は最早目前である!!【週刊EOE】

連休最終日となったが、こちらも最終日となる、今回の「ど真ん中」インタビュー。今日は能書きをたれることなく、早速進めたい。



―――話は戻りますけど、だから、役者陣と共に汗を流していると。

ウチは、真摯に愚直に稽古を積むしかないですから。自分も、師匠にそれしか教わっていませんしね。とにかく、真摯に愚直に稽古を積んで、闘うしかないわけですから。そこの姿勢は何ら変わらないですよ。勿論、じゃあ、だからと言って、何時何時公演を打ちますよ、という段階には、まだウチはいませんが、ただ、日程が決まったら、そこに照準を合わせられる段階にはいますよ。そこは踏み違えて欲しくないですけど、今のウチは、何時何時いきますというのはないですけど、ここだと、日程が決まればいきますよ。それは間違いなくいけますよ。勿論、そう言うことで自分自身も、劇団EOEを焚きつけている部分もあるのかもしれないですけどね。いい加減にしろよ、お前等って。

―――何時でも闘える状況にあると。

公演打たなければ、ウチ等の存在価値なんてゼロですからね。今のEOEなんて、存在価値ないですよ。まあ。劇団EOEなんて、とっくに潰れたんだろうって思っている連中もいるんでしょうけど、ただ、ウチはまだ倒れてませんよって。リングから降りてもいませんよってね。まあ、倒れる時は、前のめりで倒れてやりますよ。ただ、まだ、ウチは倒れていないですから。毎日、稽古を積んでいますから。まあ、そういう意味では、稽古を積めなくなったら、稽古場に向かう足が重くなったら、ウチは終わりなんでしょうね。ただ、毎日稽古を積んでいるんですから、このどん底から立ち上がって見せますよ。だから、EOEファンには声を大にして言いたいですよ。「騙されたと思って、あと少しだけ応援して下さい。」って。劇団EOEというのは、ファンも含めて、皆で闘ってきた集合体なんですから、だから、あと少しだけってね。ウチは、これまで以上の人生見せ付けますからって。勿論、そんなもの、今の時代では流行らないかもしれませんが、ただ、流行らないってことは、他にやっている人はいないってことで、となると、他の劇団との差別化に繋がるってことで、もしかすると、いざ劇団EOEに触れてみると、コイツ等意外と面白いじゃねえかとなるかもしれないじゃないですか。だから、あと少しだけ、もう少しだけ応援して下さいってところですよね。今はEOEファンだって胸張って言えるような環境じゃないかもしれませんが、EOEファンだって、紀伊国屋で芝居が見れるんだってところまでいくのが、私たちの、まず最初の夢ですから。だから、本当にあと少しだけ、もう少しだけって思いますよ。EOEファンには、申し訳ないですけどね。だから、待っててくださいよ、ってね。



インタビューの最後は真生の一人語りになったが、それだけ今の
真生には秘めた想いがあるのであろう。であれば、話は早い。次回公演に向かっての準備は着々と進んでいる。「その時」が来るのも、遠くはない。そんなことを改めて感じた、今回のインタビューであった。
(文責・GK編集長)
pagetop