October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第2弾!中高生に質問頂きました。「どうやったら、大きな声を出せますか?」【制作部】


こんにちは。制作部です。
早く飲みたいです笑

さて、今日2回目のブログとなりました。
ビールの画像のあとに恐縮ですが
昨晩のブログで
中高生の演劇部の子達から、よく頂くご質問の一つが
「どうやったら大きな声が出るようになるの?」
というものです
というお話をお届けしました。

まあ、何時もの劇団EOEでしたら
骨盤底筋群が、とか
胸圧と腹圧が、とか
頭蓋骨と骨盤の位置が、とか
やたら難しく話せばいい

と思っている節がありますので
極力簡単に、昨日とは別の返答をご紹介したいと思います。


早速ですが、その返答とは
「既に大きな声、出せると思いますよ。」
というものです。


この答えだけでは、何のこっちゃ、となるかと思いますので
詳しくお伝えしますと・・・

ちょっと想像したくないことなんですけど
想像してもらいたいのです。

貴方の大切な人が、交差点を渡っている中、
その方の死角から、車が猛スピードでやってきて
その方が、そのことに気付いていなかったら。
貴方はどうしますか。


その人の元に急いで駆けつけたり、大きく手を振ったりもするかもしれませんが
それと同時に「危ない」と大声で叫ぶと思うのです。

その時の「危ない」という声、相当大きいと思います。

・・・と、大きな声を出すことは、そんなに難しいことではないのです。


大切な人に、身の危険が迫っていることを教えたいというように
誰に対して、どんな理由で、声を届けたいということが分かっていて
その際には、大きな声を出す必要があることを分かっていれば
大きな声を出すことは、そんなに難しいことではないのです。

ですから、大きな声が出ないと悩む場合は
自分が、誰に対して、何のために、声を届けたいのか考えてみると
自然と声が大きくなるかも、ですよ。

pagetop