December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おい、GK。劇団EOEがくたばる姿見たいか?【週刊EOE】

早速だが、本日も週刊EOEをお届けしたい。

「おい、GK。劇団EOEがくたばる姿見たいか?」

一昨日の稽古後の取材で開口一番、真生の口から飛び出した言葉だ。前回の週刊EOEや今週のブログの内容を踏まえてのことだろう。言葉だけをピックアップすると、EOEファンとして、不安を覚える内容かもしれない。しかし、言葉とは裏腹に真生の表情は柔和である。

「週刊EOEも、文春や新潮のように、EOE砲ぶっぱなすか。『EOE、くたばる』って。」

繰り返しになるが、言葉自体は強烈だが、真生は笑いながらの発言だ。実際、今週も取材を重ねているが、どんな状況であろうとも、何時ものように稽古をするという姿勢は変わらない。否、今年の夏は稽古場に異変が一つだけあった。それは、役者陣に混じって、真生も筋トレで汗を流す姿が毎日のようにあったということだ。

「とにかく、うちは愚直に、真摯に稽古を積むだけですよ。」

そんな言葉も今週の取材時には飛び出していた。この辺の言葉はEOEファンとして耳馴染みであろう。ただ、同時に、こんな言葉を聞くことも多くなった。

「思うことありますよ。あと、どれくらい時間は残っているかって。」

残り時間という言葉を、この夏、真生の口から何度も飛び出ている。そこで、とある時に、その残り時間は、真生自身のものなのか、EOEにとってのものなのか、聞いてみたことがある。その内容はこんな返答であった。

「自分自身ですよ。でめえにあとどれくらいの時間が残っているのかって思いますよ。時間もそうですし、あと何本の矢が残っているのかって思いますよ。」

何だかんだいって、真生自身に焦りや葛藤が無いといえば嘘になるであろう。寧ろ、今のEOEの現状に忸怩たる思いがある。それが率直なところであろう。あの頃のEOEであれば、現状を一発でひっくり返せる。そんな思いもあるであろう。ただ、EOE用語で言えば、「思い出には勝てない。」そんな思いも同時にあるであろう。とはいっても、時間は限られている。その狭間に立ち、真生は今、如何に思うか。

ともかく、何らかの形で「進化」しなければ、未来はない。それを痛いほど分かっているのが現状である。で、あれば、その「進化」のために何を打ちだすのか。残り時間が少なくなっているからこそ、どのタイミングで打ち出すのか、その萌芽が見えれば、当編集部をしても、即時にEOEファンへお伝えすることを約束する次第である。
(文責・GK編集長)

劇団EOEよ、自らの「生き様」と「死に際」を見せつけろ!【週刊EOE】

さて、早速だが、久々の「週刊EOE」を簡単ながらお届けしたい。

編集部はこのところ何をやっていたんだ、というEOEファンも多いであろう。先に断っておけば、この間も、毎日の稽古後の取材は欠かしていない。何か大きな動きが一度おきればすぐに動けるよう取材を欠かすことは決してなかった。

では、何故久々にお届けするのか。その理由は単純である。今朝の制作部のブログに「生き様」「死に際」という言葉が踊っていたからである。

この言葉は、厳密に言えば、制作部の言葉ではない。この夏、稽古場で何度も真生の口から飛び出した言葉である。実際、とある日の稽古後の取材でも真生からこんなことを言われたことがある。


「おい、GK。もうEOEはくたばったと思ってるだろう。」

こんな時、「そんなことないですよ。」と当たり障りの無い返答をすれば、真生のその日の取材は、それっきりになることは分かっている。だから、どんな返答がいいか考えようとした矢先だった。

「うちは『生き様』見せ付けてきた劇団だから、くたばる時も『死に際』見せ付けてやるよ。」

そんな言葉が間髪入れずに飛び込んできて、その日の真生への取材はそれで終わりとなった。

「死に際」見せ付けてやる。

言葉だけ聞くと、EOEファンとしても心配になってくるだろう。しかし、その言葉を言っている時の真生は笑顔だったのが印象である。実際、この夏の稽古を見ていると、稽古の最初は筋トレというのが、劇団EOEのルーティンワークであるが、その筋トレの輪には、役者陣に加えて、真生が汗を流す姿があった。

劇団EOEの稽古では、最初の1,2時間はノンストップで汗を流すことが多いが、とある日、筋トレ終わりに、真生に取材が出来たタイミングが出来た。当然ながら、筋トレに加わる意図を聞いてみたら、その答えは意外なものであった。


「別に役者で出ようとしている訳ではないですよ笑 ただ、こうやってみっちり汗を流せるのは有り難いですよ。公演があろうがなかろうが、こうやって身体を作れるのはね。」

一瞬煙に巻かれた回答かとも思ったが、そこにはEOEにイズムが満載の言葉が隠されていた。

公演があろうがなかろうが稽古をする。

そう言えば、このところの取材で飛び出た言葉にこんなものもあった。

うちは「役者力」、「役者力」って言うけど、そんなものなくても売れる人間もいれば、お客様を魅了する人間もいるわけじゃない。じゃあ、うちはどうするのかって、最近、現実を突きつけられるよ。

真生の中に大きな葛藤があることは確かであろう。そして、だからこそ、EOEは何時ものように、稽古を積み、「逆行」かもしれないが、自らのスタイルを貫こうという意図なのであろう。但し、公演を打っていないというのは大きなデメリットもある。お客様の「記憶」から消えることだ。その点は真生も百も承知であろう。だからこそ、「死に際」という言葉も出ているはずだ。

但し、そんな言葉が出ているからと言って、「終わり」に向かっているとは限らない。否、「終わりのはじまり」には既に足を踏み込んでいるのかもしれない。ただ、今の状況だからこそ何が生まれるのか、そんな期待もあることは確かだ。人生を舞台上にそのまま持ち込み、見せ付けてきたのが劇団EOEの歴史ではないか。

EOEファンの「記憶」
死に際

そんな言葉が頭の中を交錯しながら取材を行った。それが今年の夏の現場であった。ともかく、今は、劇団EOEの「生き様」と「死に際」を一刻も早くEOEファンに見せ付けて欲しい。そう願うばかりである。

(文責・GK編集長)

劇団EOEよ、今こそ、新たな「逆行」を見せ付けてくれ!!【週刊EOE】

さて、今週も週刊EOEをお届けしたい。今週の劇団ブログでは高橋がやけに張り切っているが、その張り切りに当編集部も「噛み付き合い」を挑む所存である。

ともかく、
「新たなスタート」からもうすぐ一ヶ月。稽古場では、役者陣と共に汗を流す真生の姿が見られる。この一ヶ月、稽古後の取材でも口を開くことは一切ない。ただ、EOEらしく、愚直に、真摯に稽古を積んでいる印象だ。

少なくとも、この光景から考えられることは、劇団EOEが、少しずつ上向き状態に入っているというか、そろそろ動き始める予兆ではないかということだ。これまでも、真生が稽古後の取材で一切口を開かない期間は多々あった。しかし、それらはEOE風に言うのであれば、
「開戦前」である。これから迎えるべき闘いに備えて、心身を作っている。それが、今の真生であり、今の劇団EOEであろう。

そう言えば、この1年、真生の口から出たり、ツイッター並びにブログで書かれたりした言葉で気になるものがある。それは、
「小・小劇団」という言葉だ。去年のことになるが、真生に取材した際、こんなやりとりがあった。

「おい、GK。ウチの劇団は、メジャーかインディーかと問われたらどっちだと思う。」
「大将は、メジャーだと自負するんですよね。」
「バカ、今のウチは、どインディーだぞ。」

ウチはどインディー。これは紛れもない真生の本音であろう。はっきり言えば、今の劇団EOEに、かつての輝きはない。それは、誰もが認めるところであろう。ただ、その状況に甘んじてはいない。だからこそ、先のやり取りにも、「今のウチ」というように、注釈が入るのである。

今の劇団EOEに、かつての輝きはない。その事実は真生も百も承知であろう。だが、そもそも、劇団EOEは、
「人間ドラマ」を見せ付けることで、あそこまでのし上がった。自分達の涙も傷も痛々しいほど見せつけて、あそこまでのし上がった。となると、これだけのどん底に叩き落されてから、劇団EOEが何を見せ付けるかというのが勝負であるし、心底見せ付けてほしいというのが、当編集部の願いでもある。

「逆行」のど真ん中

劇団EOEは、そんな言葉をキーワードにして立ち上がった。真生の口からも「劇団なんて組織体系は最早時代遅れ」という言葉は何度も飛び出ている。だが、時代遅れと言い切るからこそ、そこでどんな「逆行」を劇団EOEは見せ付けてくれるのかと思う次第である。

劇団EOEよ、今こそ、
新たな「逆行」を見せ付けてくれ!!

(文責・GK編集長)

真生よ、己の人生をとくと見せつけろ!【週刊EOE】

早速だが、本日も簡単ながら「週刊EOE」をお送りしたい。

前回の「週刊EOE」でも触れたが、この10日間、EOEの稽古場では、役者陣に混じって、真生がみっちりと汗を流す風景が見られる。前回の「週刊EOE」ではあえて触れなかったが、大将に何があったかはツイッターで本人の言葉をご自身の眼で確認頂くのが一番であろう。

というのも、この10日間、稽古後の取材で真生の口から言葉は一切発せられていない。但し、それは気落ちしているからという意味ではない。あえて、この言葉を使わせて頂くと、それだけ、稽古が充実しているからであろう。また、これも明確に記載しておくが、真生が身体を作っているからといって、次回作品に役者として真生が出演するという訳ではないというのも確かだ。来るべき勝負を見据えて身体を作っている。それが、今の真生であろう。

「人間ドラマ」

劇団EOEで、よく聞かれる言葉だ。

「俺たちは、人生見せ付けるしかないからな。」

こちらは、真生がよく口にする言葉の一つだ。劇団EOEは、劇団EOEに生きる人間たちの生き様を作品に色濃く投影してきた。目一杯、胸一杯生きる自分たちの姿勢を作品に反映させてきた。であれば、今回の「闘い」を踏まえ、真生がどのような新たな作品を生み出すのか。そのことに、賢明なるEOEファンであれば目を向けるというのは当然の姿勢であろう。少なくとも、この10日間だけでも、稽古場の熱は確かに高まっている。となれば、次回公演の一報が聞かれる日も、そう遠くではない。当編集部は、そう断言する。今の真生に望むことは唯一つ。「己の人生を徹底的に見せ付けてくれ。」この一言に尽きる。
(文責・GK編集長)

「うちは人生見せ付けてやるからな。」今こそ、劇団EOEらしい「意地」を見せ付ける時だ!【週刊EOE】

久々の「週刊EOE」であるが、今日は昨日の稽古場についてお届けしたい。

まず、昨日の稽古の前に、劇団EOEの「異変」について説明しておく必要がある。今年も例年通り、新人劇団員が合流する季節となったが、そんな時期にも関わらず、劇団EOEでは、先週末から一週間の稽古オフとなった。

賢明なるEOEファンであれば、この時期の一週間のオフは異例だということはすぐにご理解頂けるであろう。劇団EOEの場合、公演後の一週間と年末年始を除き、この8年間、長期オフだったことはない。どんな時でも最低週4日の稽古を積む。それが劇団EOEのスタイルであった。そんな劇団EOEがこの時期に一週間の稽古オフとなった訳だ。

その理由に関しては、当編集部にも説明があったが、劇団としての発表がまだ出ていない今、当編集部から伝えるのは筋違いといえる内容である。ただ、昨日の稽古場では、役者陣に混じって真生が筋トレでみっちりを汗を流していたのが印象的だ。

「おい、GK、うちは人生見せ付けてやるからな。」

稽古後、真生に取材をすると、よく飛び交う言葉の一つだ。昨日の稽古後は取材NGだったが、稽古後の飲み会には、私達編集部もお呼ばれされ何時も通りの風景が繰り広げられていた。

「うちは人生見せ付けてやるからな。」

だとすれば、ここから劇団EOEが何を見せ付けるのか。桜の便りと共に、劇団EOEは一気に再び歩みだすのか。そんな予感覚える、昨日の稽古場であった。
(文責・GK編集長)

「週刊EOE」速報だ!!【週刊EOE】

久々の「週刊EOE」速報だ。

今日の稽古場では、何かが起こる。それは必定。そんな稽古前になっている。

さあ、劇団EOE、ここから春を迎えるか!!
(文責・GK編集長)

「週刊EOE」は何故存在するのか【週刊EOE】

早速だが、本日も「週刊EOE」をお届けしたい。今日は稽古最終日。昨日の稽古場を見ていても、劇団EOEらしい「追い込み」を見せている感があるが、この辺は時代が変わろうともEOEはEOEなのであろう。

ともかく明日は今年最初の公演であるが、ここで改めて、当日に配布される我が「週刊EOE」について触れておこう。

他の劇団と比較した場合、EOEの特色の一つは、その公演の作品を作品単体で楽しむ【「点」の楽しみ方】だけではなく、その公演に至るまでの人間ドラマを把握した上で作品を楽しめるという【「線」の楽しみ方】を当編集部では推奨している。

いきなり、【「点」の楽しみ方】【「線」の楽しみ方】という耳慣れない言葉が出てきたかもしれないが、この言葉こそ、劇団EOEの特色のひとつを語るに相応しい。

劇団EOEの場合、キャストが発表されても、それが最終決定というわけではない。現に、旗揚げ公演では、本番初日の開場5分前にキャストは最終決定されたし、第2弾公演では、最終日はキャストを変更して、作品を届けている。近いところでも、今年10月の3周年公演では、全8公演中、後半4公演はキャストを変更して作品を届けている。

ちなみに、今回も久々にその様相を呈し、本番三週間前に4つの役のうち3役が変更されている。それにより、作品の質が上がるのであれば、役者を変えることに何のためらいもない。それが、劇団EOEである。

また、「噛み付き合い」という言葉も多々出てくる。そもそも、役は与えられるものではなく、役は奪うものと言うのがEOEの考え方。自分がやりたい役があれば奪えばいいし、それに、一度奪ったからといって、無事に本番の舞台に立てる保証もない。そして、この「噛み付き合い」の最中に、出てきた言葉が、実際の舞台の台詞になっていることも多々多い。

実際に劇団で起こった出来事が、作品に反映されるからこそ、このブログ上での役者の動向や発言を踏まえると、作品が更に楽しめるという寸法である。多少、自画自賛的になるが、その役者陣の「今」を客観的にEOEファンにむけてお伝えするのが、この「週刊EOE」であるので、劇場でも開演前に是非お目通し頂きたい。

ともかく、このように役者陣が実際に経験したり、実際に口に出した言葉だったりが満載につまっているのが、劇団EOEの作品であり、だからこそ、「どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションであるか分からない」と評される所以である。自分達が実際に傷ついたり、心痛めたり、涙流した上で出来る作品といっても過言ではないだろう。

だからこそ、公演までの日数を指折り数えながら、このブログで、EOEの「人間ドラマ」をしっかりと把握して、公演日を迎えるというのが劇団EOEファンの正しいスタイルといっても過言ではないだろう。EOEの作品は、劇場だけでお届けするものではない。こうやって毎日お届けしているのだ。
(文責・GK編集長)
 

「試練の三番勝負」二本目は目前だ!!【週刊EOE】

早速だが、今週も「週刊EOE」をお届けしたい。

ちなみに今週に関しては、日曜日の発行にも関わらず、この原稿を書いているのが金曜であり、土曜日の取材が出きていない。最後の週末を踏まえてかかれていない点をご容赦いただきたい。

ともかく、今週の動きを整理したい。本番まで残り僅かとなったが、今週金曜日のタイミングまで通し稽古は一度も行われていない。通常であると、3週間前の週末に初めての通し稽古を行うのが慣例だが、今回は未だ行わずといった感じだ。

これは、キャスト変更や体調不良による欠席などが関係するが、ただ、あえての部分もあるようだ。というのも、今回は、特に2月に入り、稽古の方法もこれまでと変わってきている。そう考えれば、新たな「勝利の方程式」を今回の公演で試している。そんな展開ではなかろうか。

また、残り1枠となった出演者だが、こちらに関しては大勢は決したようだ。今回も数名の役者が稽古場に顔を現したが、その椅子を手にしたのは一番最後に合流した人間であった。しかも、その人間は、これまで3回しか舞台に立ったことがないフリーの役者であるという。つまり、前回の宮本と同じ条件の人間が今回の舞台に立つ公算が極めて高くなったといえそうだ。

そうなると、前回で初舞台を踏んだ高橋、豊丞含め、キャリアはないものの、必死に舞台上で生き抜こうとする人間達の舞台が見れる作品になるであろう。今回の公演は、昨年の12・21、並びに、今年の5・18を含めて、「試練の三番勝負」と打ち出された。となると、この「三番勝負」で役者陣がどのように成長するかも見物だということは今更言うまでもない。

ともかく、残された時間はあと僅か。どこまで真摯に愚直に稽古をつむか。当編集部も期待を込めて、楽しみだというしかない。
(文責・GK編集長)

役者陣よ、「人間ドラマ」を見せつけてくれ!!【週刊EOE】

さて、今週も週刊EOEをお届けしたい。

このところ土日の更新であったが、今回は月曜になってしまったのは、理由がある。というのは、この週末の稽古を見届けてからお送りしたほうがより現状をお届けできるのではと判断したからだ。

この一週間の劇団EOEには、大きな動きがあった。まず、この時期にて、今回の役4名に対して、3名の変更を行うという展開からスタートした。ここから一気にギアを上げるという何時もの光景が見られるかと思ったが、ここで思わぬ敵と遭遇することになった。それは、体調不良だ。

これにより、大幅に稽古の進捗が変更されることになったのは言うまでもない。この件に関しては、大将もキャリアのない人間ばかりなので、ツメの甘さを認めている。そもそも、これまでのEOEであれば、今週の前半の展開を踏まえれば、週末はスパークするのが必定であった。しかし、それが出来なかったことが、今のEOEの甘さを浮き彫りにしているであろう。

実際、週末の稽古場では、役者陣に甘さを指摘する場面が垣間見れた。そもそも、この程度で甘さを見せるのであれば、辿りつかなければならない場所に辿りつけないことは言うまでもない。だからこそ、ここから残り12日間で、どれだけ自分自身と愚直に真摯に向かい合うかは要求されるであろう。そして、そのことは、見ている人間にはすぐにばれることを役者陣は肝に銘じるべきであろう。自分に妥協するのか、それとも、その殻を壊すのか。12・21に始まった大河ドラマは、まずは2・26を踏まえ、更に5・18へと向かう。だからこそ、この2・26でどれだけの爪痕を残すのか。役者陣の生き様を見せてくれることを、当編集部は願うばかりだ。
(文責・GK編集長)
12345>|next>>
pagetop